実りを喜び出来立てを楽しむヌーヴォー ボージョレ・ヌーヴォー以外のヌーヴォー(新酒)も見逃せません。イタリアやドイツの新酒は認知度が上がってきており、また南半球のヌーヴォーは、日本では夏に飲むことができます。日本ワインの新酒にも静かなブームが起こっています。

実りを喜び出来立てを楽しむヌーヴォー

  1. writer :pino-pino
  2. pv :02138
  1. HOME
  2. ワインを楽しもう
  3. 実りを喜び出来立てを楽しむヌーヴォー

フランスのお祭りに便乗しちゃおう!ボージョレ・ヌーヴォー

「ヌーヴォー」は「新しい」という意味のフランス語です。そして「ボージョレ」はフランスのワイン産地名。直訳すると「新しいボージョレ(ボージョレ地方の新しいワイン)」です。この「ボージョレ・ヌーヴォー」は毎年11月の第3木曜日に解禁(発売開始)になります。これはフランス政府が決めたフランスのルールですが、日本でもそれを守り、業界の取り決めとしてその日以前は発売しません。それでバブル期には、我先に飲もうと成田空港に押し寄せた人たちがいたのです。

フランスAOC上のボージョレ・ヌーヴォーは、その年にボージョレ地区で収穫された、ガメイ種のブドウ100%から造られる赤ワインです。ガメイのワインは、イチゴジャムのようなかわいらしい香りと、その香りに似合うフルーティさが魅力です。

ブドウ品種としての特性もあるのですが、「マセラシオン・カルボニック」という特別な製法により、赤ワインとしてはタンニンや渋みが少ないフレッシュな味に仕上がります。「こんな軽いのは赤ワインじゃない!」と言う赤ワイン通の人がいますが、私は逆にこの軽さが好きで、日本食にも合わせやすいと思っています。

ところで、pino-pinoがフレンチレストランでアルバイトしていた時の話。スタッフといえども解禁日0時前には開けてはいけなかったのですが、先輩ソムリエが「飲んじゃおうぜ」とボトルを1本空けてくれて、スタッフ達でこっそりヌーヴォー前夜祭をしたことがありました。

ただ、そうやって飲むと軽くてフルーティなただの赤ワイン。やっぱりあれは、メディアにあおられて、待たされて、0時の時報とともに、みんなで乾杯して飲むのが一番ありがたく感じるのかもしれませんね。

日本でワインが一番売れる日。

ボージョレ・ヌーヴォーの輸入数は年間1000万本強です。単純計算すると日本人の10人に1人は、ボージョレ・ヌーヴォー買っていることになりますが、これは、1年間にたった3L弱(ボトル2~3本)しかワインを飲まない日本人にとっては、驚異的な数字です。

フランスのお祭りなのに、日本人だけ高いお金を払ってバカ騒ぎしている、とか、ボージョレ・ヌーヴォーなんてワインの味を知らない人たちが飲むものだ、とか、賛否両論あるワインです。批判的な意見ももっともだと思いつつ、でも、ワインを日本人に身近なものにしてくれた立役者であることは間違いないですね。ブームに乗った後に本格的にワインを好きになった人もたくさんいます。

ボージョレ・ヌーヴォーの値段がその他のワインに比べて割高なのは、新酒を迅速に運ぶための輸送費(航空運賃)がかかっているからです。運賃を下げるため、最近は重量の軽いペットボトルのボージョレ・ヌーヴォーが発売されています。スーパーで普通のお母さん風の方が、大根やお肉と一緒にボージョレ・ヌーヴォーのボトルをカゴに入れているのを見ると、なんとなく嬉しくなります。

ヌーヴォーは「ボージョレ」だけじゃない!

新米、新茶、新ジャガ、新生姜など、初物好きの日本人をマーケティングした結果か、フランス以外の国の新酒がショップで目につくようになりました。イタリアからは「ノヴェッロ」、ドイツの「デア・ノイエ」、そして、季節が反対の南半球からやってくるチリやオーストラリアのヌーヴォーは夏に飲むことができます。白やロゼのヌーヴォーもあるんですよ。

また、ブドウ栽培から一貫してワインを造る生産者が増えた日本でも新酒をうたうメーカーが増えてきました。その年の出来立てワインを振る舞い、ワインができた喜びをWinLoverと分かち合うイベントを行っているワイナリーもあります。

作物の実りを喜ぶ気持ちは、お酒も食物も同じです。ちょっと前のヌーヴォーブームではそれを忘れて、一過性のお祭り騒ぎになっていたことは否めません。しかしブームが去り、ワインが本当に好きな人が残り、その人たちの間で、自然と生産者に感謝し、その年の新しいワインを心から祝うイベントとして、第二のヌーヴォーブームが静かに広がり始めています。

¥1797
送料無料パトリッククレルジェボジョレーヴィラージュ
送料無料商品の注意点※下記の地域への配送は送料無料にはな 
¥3784
ルー・デュモン[2023]ボージョレ・ヌーヴォー・
フランスブルゴーニュ地方ボージョレ地区の毎年第三木曜日に